Event 開催イベント

目白美術館では昭和、平成初期に活躍した日本洋画界の巨匠の作品を中心に企画展を行ないます。またそれ以外にも、ワークショップや講演会の企画などを行ない、地域社会と結びついた美術館になることを目指しています。

-イベント情報

企画展2014年7月下旬よりスタート

目白美術館オープン記念企画「刑部人展」

刑部人(1906-1978)は日本の風景を数多く描いた、昭和の時代に活躍した洋画家です。卓越した描写力、ペインティングナイフを活用した独自の技法で、日本各地の風景を描きました。
本企画展では、刑部人の初期の作品から円熟期の代表的作品まで、油彩50点以上をはじめとするさまざまな作品を展示し、同時に、刑部人の人間的な魅力や、長いスランプの時期をどのように乗り越えて独自の世界を創り上げたのか、といった画家の内面世界まで、関係者の証言や様々な資料から明らかにしていきます。

※「新美術新聞」の掲載記事はこちら

目白美術館 オープン記念企画 刑部人展

刑部人【おさかべじん】 1906.5.5~1978.3.8

刑部人

栃木県下都賀郡都賀町(現・栃木市)生まれ。1929年、東京美術学校西洋学科卒業。1943年に文展無鑑査で出品となり、1946年、1947年に日展特選。ペインティングナイフを活用した独自の技法で、刻一刻変化する日本各地の情景を描き、風景画の巨匠としての地位を確立。財界、政界に多くの刑部ファンがいることで知られている。

-基本情報

期間
2014年 7月28日(月) ~ 8月15日(金)
水・木は休館日とさせていただいております。
開館時間
AM 10:00 ~ 12:00
PM 1:00 ~ 4:00
入場料
500円 小・中・高校生は無料です。
関連リンク
刑部人のアトリエ
落合道人