Event 開催イベント

目白美術館では昭和、平成初期に活躍した日本洋画界の巨匠の作品を中心に企画展を行ないます。またそれ以外にも、ワークショップや講演会の企画などを行ない、地域社会と結びついた美術館になることを目指しています。

-イベント情報

企画展10/6(月)~10/12(日)

目白美術館特別企画第三弾「楢原健三展」

楢原健三(1907-1999)は力強いタッチで日本の叙情風景を描いたことで知られています。
特に楢原が得意としてモチーフは、夕闇の中に色とりどりに煌めく光を描いた夜景で、芸術院賞を受賞した「漁港夜景」、練馬美術館に収蔵されている「お濠端の灯」は日本洋画史に残る傑作といっても過言ではありません。本企画展では、楢原の日展出品作をはじめとする約50点の油彩を展示し、楢原が日本洋画史に残した偉大な足跡を振り返ります。

目白美術館 オープン記念企画 刑部人展

  • 花火
  • 夜の港
  • 月島夜景

楢原健三【ならはらけんぞう】 1907.6.30~1999.8.14

1907年 東京青山生まれ。東京美術学校で藤島武二に師事。1930年在学中に「数寄屋橋風景」で帝展に初入選。戦後は示現会の創立に参加、理事長を務めた。1958年 日展会員。1988年 日本芸術院会員。1933年には勲三等瑞宝章受章。

-基本情報

期間
2014年 10月6日(月) ~ 10月12日(日)
10月8日(水)は休館とさせていただいております。
開館時間
AM 11:00 ~ PM 4:00
入場料
1,000円
関連リンク
練馬区立美術館
国立近代美術館