Event 開催イベント

目白美術館では昭和、平成初期に活躍した日本洋画界の巨匠の作品を中心に企画展を行ないます。またそれ以外にも、ワークショップや講演会の企画などを行ない、地域社会と結びついた美術館になることを目指しています。

-イベント情報

企画展

2014目白美術館主催 鈴木千久馬生誕120周年特別企画 鈴木千久馬展

鈴木千久馬(1894-1980)は昭和期、日本の洋画界において、独自の画風で多くの人々に大きな影響を与えた洋画家です。
千久馬の死後すでに30年以上の年月が経過していますが、その作品は圧倒的な存在感をもって、今なお、私たちに新鮮な驚きと感動を与えてくれます。本企画展では、千久馬が日展、創元会に出品した後、久しく公開されていなかった代表的な作品も展示し、鈴木千久馬の偉大な軌跡を回顧します。

目白美術館 オープン記念企画 刑部人展

  • 富士
  • 支那服の娘
  • 鉄線

鈴木千久馬【すずきちくま】 1894.7.23~1980.9.7

1894年 福井県出身。1921年東京美術学校西洋画科卒、帝展に出品、1925年特選。1930年同審査員。1936年文展委員。1941年創元会を創立。1950年日展運営会参事。1957年日本芸術院賞受賞。1972年に本芸術院会員。1974年勲三等瑞宝章受賞。

-基本情報

期間
2014年 10月20日(月) ~ 10月26日(日)
10月22日(水)は休館とさせていただいております。
開館時間
AM 11:00 ~ PM 4:00
入場料
1,000円
掲載記事
月刊ギャラリー11月号
新美術新聞
関連リンク
国立近代美術館